眼瞼痙攣の治し方

まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)の治療と症状、原因について

「目がしょぼしょぼする」「止まらないまぶたのピクピクとした痙攣」「目を開けていられない」といった眼瞼痙攣の症状にお悩みの方は多いです。
また、片目だけのまぶたがピクピク痙攣する片側顔面痙攣や、下まぶたが痙攣しやすい眼瞼ミオキミアなど、症状がよく似ていて区別がつきにくい病気もあり、きちんと判別して治療をうけることが大切です。

 

眼瞼痙攣

 

こちらでは、

  • 眼瞼痙攣の特徴と症状
  • 眼瞼痙攣の原因について
  • 自分で治す方法や予防方法
  • 眼瞼痙攣の治療と手術について

など
詳しく解説していきます。

 

眼瞼痙攣の特徴について

眼瞼痙攣とはその名の通り、大雑把に言えば「まぶたの痙攣」のこと。
自分の意志とは関係なく痙攣、筋肉に収縮が起こる病気です。
ですが、必ずしも痙攣が主の症状として現れる訳ではありません
発症する年齢で多いのが40代以降の女性

 

眼瞼痙攣

 

男性も発症しますが、その男女比は1:2〜3と、圧倒的に女性に多いのが眼瞼痙攣です。
国内で治療まで至らない軽症例を含めると、少なくとも30〜50万人以上眼瞼痙攣の患者さんがいると推定されます。
いきつくところは、まぶたが垂れて目が開かなくなり「機能的失明」に陥るという怖い症状でもあります。
にもかかわらず、軽症の場合、原因に心当たりが無いので治療を受けない方や、眼瞼痙攣の初期症状がドライアイとよく似ているために、眼科を受診しても正しい診断がつかないことも多く、潜在的な発症者を加えるとかなりの高い割合で発症するといえます。

 

眼瞼痙攣

 

そう、眼瞼痙攣は決して特別な病気ではないのです。

 

眼瞼痙攣の症状

眼瞼痙攣の場合はピクピク痙攣するのもそうですが、まぶしさやまぶたの開けづらさ、目の周りの筋肉が自分の意志とは関係なく収縮して、上まぶたが引きつったり、自然と閉じてきたりする症状が頻発します。
「最近まばたきの回数が増えた」「テレビやパソコンがまぶしくて見づらい」「ドライアイの治療をしているのに効果が感じられない」「目を閉じていた方が楽」
そういった状態が続いている方は眼瞼痙攣の可能性が高いです。

 

眼瞼痙攣の主な症状
  • 目の周り(まぶた・下まぶた・目尻・目頭)の痙攣
  • まぶたが自然と下がってきてしまう
  • まばたきの増加
  • 目が乾く
  • 光を以前より眩しく感じる
  • 目が開けづらい
  • 目を閉じていたほうが楽
  • まれに頭痛や眼窩痛、耳鳴り

 

眼瞼痙攣と似ている症状

目がしょぼしょぼする、まぶたがピクピク痙攣するという症状が出る症例は異なるいくつかの病気が該当し、治療方法も異なってきます。
症状が似ていて紛らわしく、自分がどれに当てはまるのか自己判断では難しい部分もありますが、目安とした見分け方があります。
それぞれの特徴を説明していきます。

 

眼瞼ミオキミア

眼瞼ミオキミアは上まぶた、または下まぶたがピクピクとさざなみ状に痙攣する症状が出ます。
主に片側に症状が出ることが多く、虫が這うようにピクピクと痙攣します。
眼精疲労やストレス、睡眠不足などが原因で、疲れが取れれば治療せずとも自然と治まっていくケースがほとんどです。
眼瞼痙攣との大きな違いは、眼瞼ミオキミアの場合は痙攣がまぶたのごく一部の筋肉で微細に起こる症状という点と、まぶたの開閉には支障がないという点です。

 

顔面痙攣(片側顔面痙攣)

顔面神経に何らかの原因で異常興奮が生じることで痙攣が起こります。
初期症状には下まぶたの痙攣か?多いために眼瞼痙攣と誤診され誤った治療を受けるという事例が起こりやすい症例でもあります。
高血圧や高脂血症、脳腫瘍や動脈瘤が原因との説、疲労や精神的ストレス、睡眠不足などが誘因であるという説、顔面麻痺の後遺症という説もあります。
右目よりも左目に多く症状が発症する傾向があります。
眼瞼痙攣との違いは、顔の両側に発症することがない点、進行すれば頬や口角から顎へと徐々に痙攣部位が拡大する点が挙げられます。
こちらはMRI画像診断で鑑別ができます。

 

ドライアイ

眼科で診察を受け、ドライアイと診断され治療を受けたが実は眼瞼痙攣だったという事例がとても多くあります。

 

眼瞼痙攣

 

目の乾きや違和感など、ドライアイ眼瞼痙攣の初期症状がよく似ていることからそのような自体が起こっているようですが・・・
このことは眼科医の間でも、眼瞼痙攣に対する知識と理解がまだまだ深くないことを物語っています。
ドライアイの治療を受けているけれど一向に良くならないという場合は眼瞼痙攣の可能性があります。
ドライアイの原因は目の使いすぎ(眼精疲労)やコンタクトの装用などが挙げられます。

 

眼部チック

チック症は子どもに発症しやすい病気です。
自分の意思とは関係なくまぶた等、体の一部分が動いてしまう症状が起こります。
症状は12歳頃までの子どもに多く発症し、大人での発症はまれです。

 

眼瞼痙攣 治療

 

ストレスが原因とされ、精神的な負担が解消されれば自然に治るとされています。

 

眼瞼痙攣の原因とは

どうして痙攣などの症状が起きてしまうのか、原因が気になるところですよね。
まぶたの痙攣を発症してしまう原因については諸説様々あり、残念ながらまだ完全には解明されていません。
現状で主に眼瞼痙攣の原因と考えられているものは下記の通りです。

 

  • 出産時の外傷(おそらくは酸素欠乏)
  • 薬剤の長期服用による副作用(精神科、心療内科処方の向精神薬および睡眠薬)
  • 脳卒中
  • 外傷(コンタクトレンズ、まぶたを強く擦る癖など)
  • 自然発生的(加齢による)
  • 遺伝子異常
  • 目の酷使(眼精疲労)
  • 精神的なストレス

 

眼瞼痙攣の治療について

眼科で受けられる眼瞼痙攣の治療には、以下のいくつかの種類があります。

 

ボツリヌス注射(ボツリヌス毒素療法)

こちらが眼瞼痙攣に最も多く採用されている治療法。
痙攣の症状が出ているまぶたの筋肉にA型ボツリヌス毒素を注射します。

 

眼瞼痙攣 治療

 

注射により神経細胞内の筋肉の収縮に関与する神経伝達物質であるアセチルコリンの放出が阻害されます。
その結果、まぶた周辺の筋肉(眼輪筋)の麻痺が生じ、痙攣の症状を軽くすることができます。
ボツリヌス注射は1997年から厚生労働省より正式に、眼瞼痙攣の治療薬として認可されている治療法です。
ただし、このボツリヌス注射に関しては、様々な診療科の医師がその診療にあたっているため、眼瞼痙攣の病態や治療法に関しての理解と知識と技術を習得している医師ばかりではないのが現状です。
ボツリヌス注射の治療を受ける場合には、眼瞼痙攣の症状について充分に知識や診療歴のある医師の診断を仰ぐのが重要といえます。
費用は1回の注射が2〜3万円程度
症状を抑える効果は永続ではなく、1回の注射での持続期間は3ヶ月程
そのため定期的な注射が必要になります。
眼瞼下垂(まぶたが下がる)や目が閉じにくくなってしまう、涙が多く出る、呼吸障害などの副作用のリスクがあります。

 

内服薬

病院によっては治療にリボトリールアーテンエビリファイなどの内服薬を処方される場合もあります。

 

眼瞼痙攣

 

いずれも痙攣を抑える目的の薬や精神症状のための薬であり、眼瞼痙攣を治癒する目的のものではありません。
副作用が出やすい薬でもあり、これらの内服薬による治療で眼瞼痙攣が回復したケースは、残念ながらほとんど聞かれないようです。

 

手術

眼瞼痙攣の症状が重篤な場合には、外科的な手術で治療するという選択肢もあります。
眼瞼皮膚切除、眼輪筋切除術、ミュラー筋縫縮術、前頭筋吊上げ術、皺眉筋切除術、顔面神経切断術など、さまざまな手術の方法があります。

 

眼瞼痙攣

 

しかし、いずれの手術の術後でも一時的には症状が改善するものの、多くの例で長期的には眼瞼痙攣の再発がみられます。
そのためボツリヌス療法を併用せざるを得ないのが現状です。

 

眼瞼痙攣に自然治癒はあり得るか

ボツリヌス注射の治療は怖いし、手術はもっと怖い。
費用的な負担も大きいし、どうにか放っておいても自然と治ったりすることは無いのでしょうか?
残念ながら眼瞼痙攣が自然と治るという症例はとても少ないようです。

 

眼瞼痙攣患者の疾患経過データ(表1)

症状悪化 75%
症状改善 12%
症状消失 2%
症状不変 11%

日本国内ではボツリヌス毒素療法が急速に拡かがったために、自然経過を実測したデータはないため、表1は海外のデータになりますが、それによれば眼瞼痙攣患者の4人に3人は症状が悪化しているということになります。

 

つまり、眼瞼痙攣に対しては、放置するのではなく治療または何らかの策を講じる必要があるということが言えそうです。

 

眼瞼痙攣を予防する方法は

自然に治ることが無理なら、予防したり、または軽症の場合、それ以上症状を悪化させないために出来ることはあるのでしょうか?
下記に眼瞼痙攣の予防進行を防ぐ対策として考えられることをいくつか挙げさせていただきます。

 

スマホ・PC・テレビは控えめに

スマホやパソコン、ゲームなどは無意識に目を酷使している場合が多いものです。
眼瞼痙攣もそうですが、眼瞼ミオキミアの原因にもなりがちです。
長時間使用し続けることは控えるようにしましょう。

 

コンタクトの使用は注意

眼瞼痙攣の原因にまぶたの外傷性が挙げられます。

 

眼瞼痙攣

 

コンタクトの着脱時にまぶたを傷つけてしまう、痒み、不快感から眼を擦ってしまうなどの行為は眼瞼痙攣の原因になりかねないので注意しましょう。

 

眼瞼痙攣用のクリームを塗布

眼瞼痙攣の予防や症状を抑えるためのクリームがありますので、目の周りに塗布することで、予防や痙攣症状の進行を抑えるのに効果的です。

 

眼瞼痙攣用クリーム「アイアクト」

 

充分な睡眠、休息をとる

1日の目の疲労を取るためには充分な睡眠が大切です。
PC作業が続いている時などは10分だけでもまぶたを閉じて仮眠するだけでも効果的です。

 

眼瞼痙攣

 

定期的な視力検査を

度の合わないメガネやコンタクトレンズの装用は目の負担を増長させます。
特に気になる自覚症状がなくても定期的な受診を心がけましょう。

 

 

つまり、
眼瞼痙攣の予防には、日常的に目を労り、目のコンディションを常に整えておくことが大切です。
上記の注意事項に加え、意識的にルテインビタミンA・C・E・B群の摂取を心がけましょう。
眼に良いとされて有名なブルーベリーも効果的です。

 

ルテイン・ビタミン配合サプリ「ビルベリー」

 

眼瞼痙攣の治療まとめ

以上、眼瞼痙攣について解説して参りましたが、その治療法として大きくは、

A. 自分で症状改善を試みる方法
B. 病院で治療を受ける方法

に分かれます。

 

さらにそれぞれの内容は次のような方法があります。

A. 自分で眼瞼痙攣に対策する
  • 生活習慣の見直し
  • 市販クリームの塗布
  • サプリメントの内服

 

B. 病院での眼瞼痙攣の治療
  • ボツリヌス注射
  • 内服薬
  • 手術

 

ご自身の眼瞼痙攣の症状が緊急性を伴っていない場合には、まずはA. 自分での対策を試み、それでも症状が治まらない場合には眼科を受診し、眼瞼痙攣の治療を受けるという流れも良いでしょう。
ただし、くれぐれも症状が強い場合には自己判断は禁物です。
眼科等を受診して診察を受けるようにしましょう。

 

自分で眼瞼痙攣を治したいとき

ご自身で眼瞼痙攣の改善を試みる方法については先述の通り3つあります。

 

それぞれの方法について詳しくは次のページで説明していきます。

 

 

 

更新履歴